MAKの「重力に魂を引かれた人々」

道楽日記

2時47分で止まった時計

MAKの被害

あの時刻 丁度職場のラジオ体操の時間でした
MAKの事務所は二階で作りも悪い為体操でいつも揺れるのですが
あの時はちょっと違っていました。
少し様子を見てましたが まずいと思い
横にいた女の子を机の下に押し込み
「机の下に潜れ!」と叫んだ
自分も潜ったが、机といっしょに床をぐるぐる移動
長かった…
地震体験車の様でした。
一度おさまり、みんなで外へ避難
割れたガラスを踏みつけながら

貴重品とヘルメットを取りに戻ったら事務所は竜巻にでも遭ったかのよう
めちゃめちゃでした。
棚や机はどれが誰の机かわからない
事務所の仕切り板が倒れ、通路が無くなり人が通れない


あの地震の中
本気でこのまま…
と真剣に思いました。

正直今でも余震があると、鼓動が速くなり、気分が悪くなります
軽いPTSDなのでしょうか?

当日は深夜まで停電、帰宅難民となった弟を都内方面まで迎えに出動
寝てません
土曜、日曜と職場と工場の復帰作業
心も体もくたくたです
片づけの時に見つけた あの時間で止まった時計
悲しくて写真には撮れませんでした。


まだ落ち着いてませんが、自分の自宅作業場に恐る恐る入ると
爪痕1
爪痕2
こんな感じでした
普通なら凄く悲しいのに
今回ばかりはこんなこと大したことはない
家族が無事だった
それだけで良いんだ
と心から思うMAKでした

追伸、少しでも多くの人が助かることを切に願います。
スポンサーサイト
ブログ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<私 卒園しました | ホーム | 旨いもん食い(分家)2011.3.6>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |