MAKの「重力に魂を引かれた人々」

道楽日記

大和

観たいと思っていたヤマト本日観てきました。
土曜の夜、レイトショウ、1人、寂しい。
家族全員に振られ、1人

仕方ない

やはり発進のシーンで感無量 泣きました…
アナライザー 泣きました

機械関係の仕事をしている関係上、機械に意思とか感情ものに弱い
(よく使っている機械を、この子とか言ってしまうMAK)

古い話ですが、ガンヘッドという映画が昔ありまして
最後ガンヘッドが敵地に残り自爆
脱出した主人公に自爆後「ミッション完了」というメッセージを送信するところ
号泣でしたよ

アナライザー的な物発明されないかな普段は携帯端末かなんかで(渡辺 謙的な)
車やバイクに乗るときは、「こちらではお久しぶりですね」
なんて言われたら事故も減りそう 欲しいな

劇中で大和の事にも触れるあたり、考え深いものを感じましたな

船って良いですね

スポンサーサイト
ブログ | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |